スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Food4life

mais_uma_historia[1]

あまりのショックで思わず投稿。
ブラジル史上最強のバンド(当社調べ)Food4lifeが実は解散してたってさ…
皆さん知ってました?まさか俺だけ知らなかったの!?
今の今までブラジルの取引先と話してたんだけどFood4life知ってるかい?向こうでも有名なの?って聞いたら、
もちろんだよ解散しちゃったけどね。
まぁじっっすかぁぁ???????
みたいな
やり取りがあったわけですよ。
めっさりショックを受けてるんで今日は寝れないかも…

Food4lifeのこちらはたぶん1st、Mais Uma Histriaです。
ブラジルのPunk Sceneは意外と巨大でいろんないいバンドいるんですが、個人的に最強だと思うのがこいつら。
ブラジルのバンドって南米臭さを前面に押し出してくるじゃないですか。そういうとこが哀愁感に通じていくんですが、ほとんどのバンドその類である中彼らはブラジルでは珍しく南米臭さがないバンドです。
普通にカナダのQuebecあたりにいそうな音でそこのバンドだよ、と言われたらだまされること請け合いです。完成度もかなり高く計算された音作りされ捨て曲なしで13曲突っ走っています。
特にこの曲がいい!って言うのはないですが捨て曲がない安定した曲作りがされている点で評価に値すると思いますです。
名盤でいいでしょうこれは!
78点

http://www.myspace.com/food4life

こんないいバンドが解散するなんてものすごく悲しいです。でもお疲れ様でした。
つかホントに解散したのかよ?ほかの人にも聞いてみよっと(笑)

The Guineapigs

P1020619.jpg

不遇なバンドシリーズ第二弾。(第一弾はNot That Straight)
今回はスウェーデン?ドイツ?のバンドThe GuineapigsのElvis Never Left The Buildingです。たぶんSweのバンドです。
ジャケ写も見つからないという不遇ぶり。しかも縮小してみたんですがいびつな形になってしまったとこも不遇(笑)
彼らはBirdnestのバンドでして、Birdnestって言ったら数々の良質バンドをリリースしていたレーベルじゃないですか。そんな中でこのバンドを紹介する方ってあまり今までいませんでしたよね?
普通にいいバンドだと思うのになぁ…
最近解散から復活しNew Releaseをして話題になったバンドはNo Fun At Allですが、自分が知っている限りもっともNo Fun At Allに近い感じのバンドがこのThe Guineapigsです。
さすがに超ベテランNFAAには疾走感では勝てませんけど疾走感をややなくしたNFAAって感じ。
あと臭さが半端ないです。Trall Punkに通ずるものはありますがそれとはまたちょっと違った臭さでしてB級の匂いがプンプンします。Sweのバンドが好きな方にはよだれもんですね。
66点。

あ、60点台ですが60点が即買いラインなんで、見つけたら買ってみることをお勧めします。
お世辞にもあまり正当な評価を受けているとは思えないですし、Birdnestのバンドということで見つけずらいかもしれませんが、Amazon.geかどこかで安く売っていた気がしますよ!

Drunktank

CommonSense.jpg

オランダのDrunktankの1stEP,Common Sense。
3rdEPのIn This Togetherが有名ですね。3rdも持っていたのですが学費が厳しかったころ売ってしまい今やもうSold Outで手に入らないっていう(汗)誰か売って欲しいっす…
さてこのEPですが、3rdの割と完成された音源ではないガチャガチャ感が聞けて楽しいです。
もちろん彼らが持っているメロディセンスはそのままですので、興味ある方は彼らのOfficialで全曲フリーになっていますので聴いてみることをおススメしますです。
まぁ例をあげてみるとOuttareach → Cry Havoc的な関係図がこのDrunktankでも1st → 3rdというような感じで同じように見ることができるわけです。
わかりにくいですね^^;
要するに1stの方が好きなんです。
64点

http://www.drunktank.nl/index2.php

いずれにしてもDrunktankはかなり好きなバンドで、残念ながら1st~3rdまでいまんとこSold Outになっていますが見つけたら即買い必至バンドであることは間違いありません。

Bacova Fujura

CDBF_small1[1]

こちらはスロバキア出身のBacova Fujuraの2ndアルバムBFです。3rdはShunさんのFast Graindで既出ですのでこちらの方行かせてもらいます。
結構前から個人的にベルギー、チリ、ポーランドを経てスロバキアブームが巻き起こってます。
最初にスロバキアにはまったきっかけはNo Pulsですね。
No Plusを聞いてなんてスロバキアって素晴らしい国なんだ!!ってかどこよ?って思った私は一心不乱にスロバキアのバンドを漁ることにして2番目に出会ったのがこのBavcova Fujura。
スロバキアの素晴らしさは日本人にがっちりとハマる哀愁感と、それをより増幅する録音状態の悪さですね(笑)
何個かのバンドと話したりしていますが例外なくお金がなくいいスタジオに行けないとかCDを出せないとか申しておりました。
録音状態が悪い音源ってほら、燃えてきません?(笑)
CDよりDemo音源が好きなんです。アホなんです。
彼らもCDをきちんと出すお金がないらしく、こちらはCDRです。はじめて届いたときはそのチープさに愕然としましたよ。なんか褒めてるんだか貶してるんだかわからなくなってきましたね。
まぁ彼らには自由に宣伝しまわっていいという許可をとってるんで都合のよい解釈をさせていただきましょう。まぁ一年ぐらい前になんですけどね。今まで宣伝できなくてごめんよ、Bacova。
このバンドの売りは哀愁感を埋め込んだ疾走感。哀愁漂うフレーズがある曲は他のバンドでもよくありがちで一か所ドーン!と哀愁の津波が来るもんで一見哀愁度が半端ないと錯覚しがちですが意外とそこ以外の一か所以外特筆に値するところがないなんてことがあります。
それとは違って、一曲としてそこに漂う哀愁感がある感じ。それゆえ一枚聞ききった時の余韻がハンパない。
哀愁と言う言葉を連呼してしまいました。語彙が少ないですね。アホなんですよ。
あと曲によってはピロピロギターもあります。ダーク+哀愁+ピロピロ=神が普段から口癖の私にとってこの上ない音源であります。
≪結論≫
哀愁+疾走感+1/2ピロピロ+チープ=Bacova Fujura。
良盤。75点。

http://www.myspace.com/bacovafujara

こちらはディストロ決定済です。少量入荷なんで(5枚くらい)欲しい方は早めに言っておいてください。取り置きします。

Distroについて

さて、これからディストロを本格的にこちらでもやって行こうとしてるわけなんですが、ディストロをご利用になる際のHow To Orderを記させていただきます。
必ず注文前にご確認くださるようお願いいたします。

・How To Order

メールにてご注文を受け付けさせていただきます。
mediatorfm(あっと)gmail.com
まで
1、お名前
2、ご住所(郵便番号もお願いいたします。)
3、ご希望商品、数量等

をご記入の上、メール件名に「ディストロ注文の件」とお書きいただき、ご連絡ください。
折り返し合計金額、振込先等をご連絡差し上げます。

申し訳ありませんが、私事が忙しいこともあり入金確認後発送までお時間をいただいてしまうことがございます。(遅くても1週間程度)この点はご了承のうえご注文ください。


・お支払方法等
個人でのディストロということもあり、申し訳ありませんが現在銀行振込のみでしか対応できません。手数料等はお客様のご負担という点ご了承ください。



・発送方法
発送はゆうメール(180 Yen)を予定しています。尚、大量にご注文いただいた場合その他郵便局利用の発送方法(ゆうパック、EXPACK等)もお客様との話し合いの上対応いたします。
またゆうメールには保障がないため、保障をつけた発送方法がよろしい方はご相談ください。



・その他注意事項
個人でのディストロのため入荷数が大量ではございません。連絡をいただいた順に対応させていただきますので売り切れの際はご容赦願います。
また輸入品ですので割れ、爪ワレ等がある場合がございます。再生不可能など不良品の場合返金等対応いたしますが、それ以外の場合は返品等応じかねます。この点をご理解いただけるとありがたいです。
また、音信不通等に陥ってしまった場合まことに勝手ながらキャンセル扱いにさせていただきます。ご了承ください。
またその他ご要望、疑問などございましたらお気軽にご連絡ください。入荷リクエスト等も可能な限り努力いたしますよ^^

それではよろしくお願いします!
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。